fx米ドル研究所

為替の基本は米ドル! 米ドルを制する者は為替を制する! どの通貨にも通じる米ドルの研究所です。

FX米ドル見通しチャート分析|環境認識、初心者へ2020年10月第4週

先週のドル円の値動きのチャートです

f:id:westcompany:20201018100218p:plain


(スポンサーリンク)

ドル円の先週のレンジ予想の結果ですが

週初に想定していた値動きよりも
ボラティリティが小さかった印象になった
ドル円相場。

でも、総じてドル売りに推移した
1週間で値動きの読み的には良かったかなと
思っております。

指し値を仕掛けてリスクをとりリターンを
得るのがFX。
これに参加出来無かったのは私の不徳の
致すところですがこれも相場。
次のチャンスを見つけ出すべく分析を継続して
参ります。


私のレンジ予想を活用して相場に挑みませんか?

f:id:westcompany:20180602092452p:plain
週初もレジマグを使用してレンジ予想を
公開しておおります。
これを基にトレードをされている会員様が
多くの利益を私より出しているご報告を
頂いております。

今月ついにおかげさまでレジマグビジネス・マネー
部門で3冠を手にすることが出来ました。
これも会員様の継続のおかげ良いインプットとアウトプットが
出来ている証。
今後もこの位置をキープできるように頑張って参ります。

あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
COZYアナライズ 為替予想 (豪ドル・米ドル・円) | レジまぐ
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

ドル円値動き 先週の振り返りですが

アメリカ支援策合意は遠のく
・イギリス、ハードブレグジットも織り込むような流れに
・オーストラリアは追加利下げ示唆で豪ドルは下落へ

こんなところですね。



    (スポンサーリンク)

アメリカ支援策合意は遠のく

この問題でドル売りの流れが継続しそうな
地合いになりそうですね。
大統領選挙終了まではこのように地合いになるのであれば
引き続きのドル売りの流れが加速しそう。

その大統領選挙も郵便投票の内容次第では
更に泥沼化しそうな地合いになりますので
これを踏まえるとドルを買えるようになるまでは
時間がかかりそうだなと言うファンダの分析が
成り立ちます。

でも、その通りに行かないのが為替相場
更に弱い通貨が出てくればその逆に動く可能性も
ありますので注視しておきたいですね。

イギリスのハードブレグジットは?

完全にヘッドラインニュース相場に
なりつつあるポンド相場。
ごらんの通りにこのようなニュースが
届く度に値動きしている地合いになります。

ドル円の流れと異なりこちらに関しては
ある程度の締め切り日が決まっております。
ですので、読みやすい相場なのかもしれませんね。
順張りという意味では。

今週のイベントですが

10/19 中国 7-9月期四半期国内総生産
10/19  アメリカ パウエル議長発言機会
10/20  アメリカ 9月住宅着工件数
10/22  アメリカ 前週分新規失業保険申請件数
10/23  日本 9月全国消費者物価指数



こんなところですね。

ドル円 今週の値動き要因ですが

中国の重要経済指標が複数発表されます。
コロナ問題からいち早く回復を見せている
印象のある中国。

この重要経済指標でも世界に先駆けて
の回復を見せるのか?
コンセンサスとの乖離に注視しておきたい
ですね。

日本でもCPIが発表されます。
日本はコロナ問題のダメージは先進国では
低い方になるかと思いますが一部の業種での
ダメージは甚大に。

その影響が今回のCPIに反映されるのか?
日銀の出番もあるようなコンセンサスとの乖離が
あれば値動き要因になりそうなので注視して
おきたいですね。

2020年は41週が過ぎ41週中20週が投資になっております。

FX米ドル見通しチャート分析|環境認識、初心者へ2020年10月第3週

先週のドル円の値動きのチャートです

f:id:westcompany:20201011090902p:plain


(スポンサーリンク)

ドル円の先週のレンジ予想の結果ですが

週初の思惑通りに106円を上限と見て
おりましたがそこから膠着状態に。
週末にドル売りの流れが来て一応の目標値である
30pipsGETは出来ました。

チャートの流れからもう一段の下落も
ありそうなところも見えなくは無いので
すがレンジ予想の仕掛けのマイルールの特性上
これで仕切りました。

この判断は本家のレンジ予想の仕掛けを
損切りする代替でで使用するという目的も
ありますのでこれで良いかと。
本家とこちらは相互扶助の関係になりますので
これを継続して行き利を伸ばして行くスタンスになります。


私のレンジ予想を活用して相場に挑みませんか?

f:id:westcompany:20180602092452p:plain
週初もレジマグを使用してレンジ予想を
公開しておおります。
これを基にトレードをされている会員様が
多くの利益を私より出しているご報告を
頂いております。

今月ついにおかげさまでレジマグビジネス・マネー
部門で3冠を手にすることが出来ました。
これも会員様の継続のおかげ良いインプットとアウトプットが
出来ている証。
今後もこの位置をキープできるように頑張って参ります。

あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
COZYアナライズ 為替予想 (豪ドル・米ドル・円) | レジまぐ
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

ドル円値動き 先週の振り返りですが

トランプ大統領退院
アメリカ経済支援策はまとまらずにリスクOFFに
・イギリスとEUブレグジット交渉は継続協議へ

こんなところですね。



    (スポンサーリンク)

トランプ大統領退院

おおよそ3日の入院でしたが退院となると
すぐに執務に入り健在ぶりをアピールして
おります。

この話題による値動きは散見されませんでしたが
2回目のテレビ討論が中止の運びに。
アメリカ大統領選挙は後3週間後になりますので
トランプ大統領の巻き返しも注目されますね。

アメリカ経済支援策

こちらの話題も大統領選挙選に優劣を
つける話題になりますのでそう簡単には
まとまりそうに無いですね。

個別の支援策を行う旨のツィートでも
値動きしておりますが方向性は定まって
いない様子。
概ね参加者はこの問題でドル売りを選択している
ようにも思えますのでその流れに順張りして
行くスタンスで良いかと。

今週のイベントですが

10/13 中国 9月貿易収支
10/13 アメリカ 9月消費者物価指数
10/15 アメリカ 新規失業保険申請件数
10/16 アメリカ 9月小売売上高




こんなところですね。

ドル円 今週の値動き要因ですが

今週はアメリカで個人消費を推し量る
事の出来る重要経済指標が2本出ます。
コンセンサスとの乖離で値動きしてくるとかと
思いますので注視しておきたいですね。

アメリカ大統領選挙も佳境に入りつつありますね。
支持率や思惑で世論の流れが変われば値動きして
きそう。

退院してからのトランプ大統領の巻き返しの
動き次第ではドル円の流れも変わりそうですが・・。
チャートではドル売り鮮明になりますので
節目を見ながら反転のポイントも探りたいですね。

2020年は40週が過ぎ40週中20週が投資になっております。

FX米ドル見通しチャート分析|環境認識、初心者へ2020年10月第2週

先週のドル円の値動きのチャートです

f:id:westcompany:20201003192517p:plain


(スポンサーリンク)

ドル円の先週のレンジ予想の結果ですが

う~んうまく行くときはこんなものか!
と思わされるくらいにすべてがうまく嵌まった
1週間になりました。

まずはレンジ予想の仕掛けですがジャストの
指し値がかかり50pipsGET
そして、週末にはドル円の急落でそれまで
ナンピン参戦していたポジションも手仕舞いする
事ができました。

ドル円ナンピン参戦分

このtweetにもあるように週末にうまく
手仕舞いする事ができました。
レジマグ会員様には薄利でも手仕舞いすると
お伝えしておりましたが私の手じまった価格は
105.05。
5pipsではありますが本当に大きなもの。

損切りをすればもっとダメージは大きく深く
なっていたはず。

2020年はそれまでに無くナンピン参戦が
多いように思えます。
6月に大ダメージを背負いましたがそれ以外は
なんとか無事通過。
今回も無事通過してレンジ予想の仕掛けで
利も積めたし言うこと無い1週間となりました。


私のレンジ予想を活用して相場に挑みませんか?

f:id:westcompany:20180602092452p:plain
週初もレジマグを使用してレンジ予想を
公開しておおります。
これを基にトレードをされている会員様が
多くの利益を私より出しているご報告を
頂いております。

今月ついにおかげさまでレジマグビジネス・マネー
部門で3冠を手にすることが出来ました。
これも会員様の継続のおかげ良いインプットとアウトプットが
出来ている証。
今後もこの位置をキープできるように頑張って参ります。

あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
COZYアナライズ 為替予想 (豪ドル・米ドル・円) | レジまぐ
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

ドル円値動き 先週の振り返りですが

トランプ大統領コロナ感染
東京証券取引所取引停止に
・イギリスとEUブレグジット交渉は最終局面に

こんなところですね。



    (スポンサーリンク)

トランプ大統領コロナ感染

これはかなり驚きました。
週末に飛び込んできた世界的な大きなニュースに
なります。

それまではイギリス・ブラジルの要人が
感染しておりましたが世界1位の国の
大統領が感染するとは・・・。

更には大統領選挙まであと一ヶ月という
タイミングでの事態に。
誰も予想する事が出来ない出来事に
相場はリスクOFFで反応しました。

個人的にはこの値動きのおかげで
ナンピン参戦分のポジションを無事に
決済で来たわけですがこれはやはり偶然です。

東京証券取引所取引停止に

東京証券取引所は世界で5本の指に
入るくらいの大きな取引所でありますが
トラブルが発生しました。

海外の投資家が多くを占める東京市場
でこのようなトラブルがあると参加者の
激減も予想されます。

香港が中国との問題で揺れている昨今で
東京が金融都市として有力?と思われていた
最中のこのトラブル。
原因を精査してこのようなトラブルがないように
して欲しいと願うばかりですね。

今週のイベントですが

10/5 アメリカ 9月ISM非製造業景況指数
10/6 オーストラリア 豪準備銀行政策金利発表
10/6 アメリカ パウエル議長発言機会
10/8 アメリカ 新規失業保険申請件数




こんなところですね。

ドル円 今週の値動き要因ですが

先週はアメリカ雇用統計があったわけですが
ここでの値動きはかなり限定的なものに
なりました。

新たな値動き要因となったのがトランプ大統領コロナ感染。
感染から治療のステージに移っているわけですが
その方向性次第ではリスク要因に発展しても
不思議ではありません。

症状の推移が今週の値動き
要因になりそうですね。
冒頭にもお話ししたようにアメリカ大統領選挙まで
あと1ヶ月。

選挙戦の優劣を決める話題になるだけに
ヘッドラインニュースで値動きしてくる
展開になりそうですね。

2020年は39週が過ぎ39週中19週が投資になっております。