fx米ドル研究所

為替の基本は米ドル! 米ドルを制する者は為替を制する! どの通貨にも通じる米ドルの研究所です。

FX米ドル見通しチャート分析|環境認識、初心者へ2021年1月第4週

先週のドル円の値動きのチャートです



(スポンサーリンク)

ドル円の先週のレンジ予想の結果ですが

f:id:westcompany:20210123201545p:plain

これほど今週のレンジ予想の数値を
的確に当てることの出来るFXトレーダーも
いないのかもしれません!

上限も僅かだし下限も僅か・・・。
でも、指し値にかかることはなく
0pipsというわけです。

特に上限に関しては2週連続でこのような
数値になりました。
これも相場ですが2勝逃した気分です。

でも、次こそは何とかチャンスを掴める
そんな予感のする1月第3週のレンジ予想
の配置でした。


私のレンジ予想を活用して相場に挑みませんか?

f:id:westcompany:20180602092452p:plain
週初もレジマグを使用してレンジ予想を
公開しておおります。
これを基にトレードをされている会員様が
多くの利益を私より出しているご報告を
頂いております。

今月ついにおかげさまでレジマグビジネス・マネー
部門で3冠を手にすることが出来ました。
これも会員様の継続のおかげ良いインプットとアウトプットが
出来ている証。
今後もこの位置をキープできるように頑張って参ります。

あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
COZYアナライズ 為替予想 (豪ドル・米ドル・円) | レジまぐ
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

ドル円値動き 先週の振り返りですが

アメリカ新大統領の就任式は無事通過
・バイデン大統領、トランプ元大統領の政策と反する大統領令に次々と署名
・日本では新型コロナウィルス感染者拡大継続

こんなところですね。



    (スポンサーリンク)

アメリカ新大統領の就任式は無事通過

アメリカではバイデン政権が発足。
大統領就任式で混乱があれば値動き
要因になるかと思いきやトランプ派
の動きは閑散としておりましたね。

アメリカはこうして民意を示すことが
出来るわけです。
日本も今年衆院選がありますね。

コロナウィルス問題の解決次第では
今の菅政権もあやうくなりそう。
ワクチン接種問題や新規感染者の拡大が
ポイントになりそうですね。

バイデン大統領、トランプ元大統領の政策と反する大統領令に次々と署名

このtweetにもあるようにトランプ元大統領
の政策に反する大統領令に署名をし続けた
バイデン大統領。

これも政治のダイナミズムというやつで
政権交代がある国ならではですね。

決してすべてが良い面だけでは
無いかと思いますがこれも民主主義の
1つ形。
今後もバイデン大統領の政治色には
注視して行きたいですね。


今週のイベントですが


1/26 アメリカ 1月消費者信頼感指数
1/27 オーストラリア 10-12月期四半期消費者物価
1/27  アメリカ  FOMC
1/28 アメリカ 新規失業保険申請件数
1/29 アメリカ 12月PCEデフレーター


こんなところですね。

ドル円 今週の値動き要因ですが

アメリカで猛威を振う新型コロナウィルス感染者。
死亡者は第2次世界大戦の数を超えてしまって
いるとの衝撃的な数字も散見されています。

バイデン大統領の課題はやはりこの問題から
さけて通れない印象ですね。
うまく決着をつける事が出来ると良いのですが・・・。

でも、バイデン大統領は上下院多数をもって
おりますので比較的に思い描いた政策は
実行できそう。
となるとその政策が上手く行くか否かに
成否はかかっているように思えます。


今週はイベント的には重要なFOMCが控えます。
米財務長官に指名されたイエレンさんの動向にも
注目があつまるところ。

2021年は3週が過ぎ3週中0週が投資になっております。

FX米ドル見通しチャート分析|環境認識、初心者へ2021年1月第3週

先週のドル円の値動きのチャートです

f:id:westcompany:20210116182225p:plain


(スポンサーリンク)

ドル円の先週のレンジ予想の結果ですが

相場とはこんなものかと。
今週のレンジ予想の上限の指し値に僅かに0.06pips
届かずというところでした。

fxdorulabo.hatenablog.com

それでも先週から持ち越したナンピン参戦分
は薄利撤退でとりあえずの難を逃れる
ことになりホッとしております。

たらればはいつも出てくるものですが
これも相場。
これを反省材料に今週のチャンスを慎重に
探ることにします。


私のレンジ予想を活用して相場に挑みませんか?

f:id:westcompany:20180602092452p:plain
週初もレジマグを使用してレンジ予想を
公開しておおります。
これを基にトレードをされている会員様が
多くの利益を私より出しているご報告を
頂いております。

今月ついにおかげさまでレジマグビジネス・マネー
部門で3冠を手にすることが出来ました。
これも会員様の継続のおかげ良いインプットとアウトプットが
出来ている証。
今後もこの位置をキープできるように頑張って参ります。

あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
COZYアナライズ 為替予想 (豪ドル・米ドル・円) | レジまぐ
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

ドル円値動き 先週の振り返りですが

・米議会が大統領選でのバイデン氏勝利を正式に承認
・バイデン氏、経済支援策が1.9兆ドル規模が伝わるとドル売りに
・日本では緊急事態宣言対象地域追加

こんなところですね。



    (スポンサーリンク)

米議会が大統領選でのバイデン氏勝利を正式に承認

先週はこの問題で荒れたアメリカ。
今週は正式にバイデン氏の大統領選当選が
承認されました。

アメリカの分断はこれで終わりでは
ないのは多くの人が判っていることですし
コンセンサスになりつつあります。

新大統領のもとアメリカはコロナウィルスとの
戦いと経済の立て直しという難易度の高い問題
に対峙することになりますね。

日本では緊急事態宣言対象地域追加

週中の日本の出来事としてはこの問題
が大きく報道されました。

とりわけ福岡県の追加がサプライズとなった
ようですね。

まだ寒い時期が続き新型コロナウィルスの
流行は続いてい行くかと。
感染者拡大を防止するべく出来うることを
してワクチンと対応薬が出来るのを待つしか
無さそうですね。

今週のイベントですが


1/18 中国 10-12月期四半期国内総生産
1/21 日本 日銀金融政策決定会合
1/21 オーストラリア 12月新規雇用者数
1/21 アメリカ 新規失業保険申請件数
1/22 アメリカ 12月中古住宅販売件数


こんなところですね。

ドル円 今週の値動き要因ですが

アメリカでは新型コロナウィルスのワクチン接種
が始まっております。
このtweetにもあるように凄い施策になっていますね。

日本ではこのようなことが出来るとは
到底思えませんが・・・。

今週はファンダ的にも動く材料は
なさそう。
とりわけ中国のGDPの発表がありますので
そちらのコンセンサスとの乖離具合に
週初は注視しておきたいですね。

2021年は2週が過ぎ2週中0週が投資になっております。

FX米ドル見通しチャート分析|環境認識、初心者へ2021年1月第2週

先週のドル円の値動きのチャートです

f:id:westcompany:20210110094312p:plain


(スポンサーリンク)

ドル円の先週のレンジ予想の結果ですが

先週のドル円は乱高下が激しい1週間になりました。
週初に想定したところよりも高く推移して
おりました。

それでも104.00を踏み上げるような強い
展開になることはなく推移。
本家同様にナンピン参戦で様子をみること
にした次第になります。

103.50ショート
104.00ショート
平均建値103.75

2021年最初からナンピン参戦という形には
なりましたが何とか薄利or同値撤退出来るように
スキャル・デイトレで利を積みながらの参戦に
なります。



私のレンジ予想を活用して相場に挑みませんか?

f:id:westcompany:20180602092452p:plain
週初もレジマグを使用してレンジ予想を
公開しておおります。
これを基にトレードをされている会員様が
多くの利益を私より出しているご報告を
頂いております。

今月ついにおかげさまでレジマグビジネス・マネー
部門で3冠を手にすることが出来ました。
これも会員様の継続のおかげ良いインプットとアウトプットが
出来ている証。
今後もこの位置をキープできるように頑張って参ります。

あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
COZYアナライズ 為替予想 (豪ドル・米ドル・円) | レジまぐ
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

ドル円値動き 先週の振り返りですが

アメリカでトランプ支持者たちが、連邦議会に乱入
アメリカ雇用統計はコンセンサス割れに
・日本の一都三県で緊急事態宣言がは発令

こんなところですね。



    (スポンサーリンク)

アメリカでトランプ支持者たちが、連邦議会に乱入

アメリカの民主主義はどこへ?
現役大統領が扇動とも取れるツィートを
発端に議会への乱入事件が起きました。

死亡者も出ており前代未聞の出来事に
発展する事態に。
これに乗じて仕掛けてくる国が出てこなければ
良いのですが・・・。

2021年はある意味波乱のスタートに
なりましたね。
それでもドル円は高値付近で推移。
これも相場、定石通りの値動きも受け入れないと
いけない地合いですね。

アメリカ雇用統計はコンセンサス割れ

こちらもネガティブなニュースになります。
やはり新型コロナウィルスの影響はまだ
払拭されていないですね。

ワクチンの効果が発揮されるまでは
アメリカの雇用回復はほど遠いのかも
しれません。

それでも金はそれほど買われておりませんし
ドル売りもおきない。
これも相場。
チャートの動く方向をキッチリと読めない
と勝てないので受入れてチャンスのあるところを
探る日々は続きます。

日本では緊急事態宣言発令

昨年春以来の緊急事態宣言の発令が
あった日本。
一都三県に発令されたわけですが欧米各国
とことなり強い法的拘束力はないのでこの
宣言でどれくらい感染者拡大を押さえ込めるのか?

私たち一人一人が出来ることを励行して
この困難な時期を乗り越えていくしかない
のですが出口の見えない戦いになりそうですね。

今週のイベントですが


1/13 アメリカ 12月消費者物価指数
1/14 中国 12月貿易収支
1/14 アメリカ パウエル議長発言機会
1/15 アメリカ 12月小売売上高
1/15 アメリカ 1月ニューヨーク連銀製造業景気指数


こんなところですね。

ドル円 今週の値動き要因ですが

注視しなければならないのアメリカの小売り。
GDPに影響を大きく及ぼすものになりますので
コンセンサスとの乖離には注視しておきたいですね。

ですが、ネガティブな材料にも今の地合いでは
あまり反応は薄く定石と異なる動きを見せている。

これも相場になりますのでそのあたりを踏まえつつ
常にチャンスのあるところで利を積み重ねる
スタンスになりますのでしっかりと分析して行きたいと思います。

2021年は1週が過ぎ1週中0週が投資になっております。