fx米ドル研究所

為替の基本は米ドル! 米ドルを制する者は為替を制する! どの通貨にも通じる米ドルの研究所です。

7.14 投機筋のポジとり考察

先週の投機筋のポジとりですが

この方のツィートにもあるように1週間で
円売りが加速したように思えます。
fxdorulabo.hatenablog.com
この記事で書いたようにこれまでの定石と異なる
PPI>CPIと言うのが構図になります。



(スポンサーリンク)

問題は解決していない

米中貿易戦争は未解決ですしイギリスの
ブレグジット問題も要人辞任で不透明な情勢に。
トランプ大統領のイギリス訪問でもデモが行われる
などまだリスクON要因は少ないように思えますが
ドル買いになっております。

ここの分析もフィボでは完全に見立ては変わった
印象になります。
先の投機筋のポジとりも円売りがに傾いて
おりますがまだ以前より余力は多く残っているように
思えます。

まとめですが

ポイントは
・投機筋は円売りの余力は十分
・フィボの見立ては完全に100%戻し方向に
・ファンダ的にはどちらかと言うとリスクOFF方向

となっているように思えます。
為替は一方的な値動きはあり得ませんので押しが
入るところを見極て行きたいですね。

個人的には押しが入るシナリオで考えておりますので
そのシナリオの時にリスクをおって仕掛けようかと
思っております。



(スポンサーリンク)

2018年7月第3週の米ドルの見通しチャート分析|環境認識

先週のレンジ予想の結果ですが

f:id:westcompany:20180714092101p:plain



(スポンサーリンク)
こんにちわ。
これは、先週のドル円の値動きを示したチャートです。
先週のレンジ予想の結果ですがご覧通りに週初で
考察していた高値をはるかに超えるところで推移。

一時、想定よりも200pips越えて推移するところ
もありました。
そんな中ですが私の選択した戦略は損切りでは
なくナンピンホールド

理由については動画でお話しする
事にしますがロングのスイングを利確して
いるくらいに今回の上昇というのはいかにも
定石通りの値動きではないと判断したので
この戦略をとった次第になります。

私のレンジ予想を活用して相場に挑みませんか?

f:id:westcompany:20180602092452p:plain
週初もレジマグを使用してレンジ予想を
公開しておおります。
これを基にトレードをされている会員様が
多くの利益を私より出しているご報告を
頂いております。

今月ついにおかげさまでレジマグビジネス・マネー
部門で3冠を手にすることが出来ました。
これも会員様の継続のおかげ良いインプットとアウトプットが
出来ている証。
今後もこの位置をキープできるように頑張って参ります。

あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

先週の振り返り

・米中貿易戦争はかなり深刻化の予想
アメリカのCPIはコンセンサス割れで推移
・理由なきリスクONが継続した週に

こんなところですね。

この方のツィートにもあるように
株価を中心にリスクONで推移した
今週の相場。

為替もドル買いになりましたね。
ですが、
ドルが要素は?
リスクONになる要素は?
と言われると要因を即答できる人の方が
少数派だろうと思いますしチャートの足型
が変わったからドル買いで追撃するくらいに
しか思えない相場になったというのが私の印象です。

PPI>CPIというファンダ分析ではあまり類を
見ないような要因で上昇したと言われておりますが
これには個人的には大きな疑問があります。
ですので、レンジ予想のポジ獲りにナンピンホールド
ポジションを加えてドル円では下方向でチャンスを
待つことにした次第。
これまでのロングスイングの利益と本家の高確率の
レンジ予想の仕掛けに支えられておりますがここも
無事通過したいと思っております。



(スポンサーリンク)

今週の米ドルの見通し

まずは今週のイベントの確認ですが

7/16 中国 6月小売売上高
7/16 アメリカ 6月小売売上高
7/17 RBA議事録
7/18 アメリカ 6月住宅着工件数
7/19 アメリカ 前週分新規失業保険申請件数
7/19 アメリフィラデルフィア連銀製造業景気指数

こんなところですね。
今週はアメリカの小売りが重要イベントに
なるかと。


先週のCPIはコンセンサス割れで織り込みが
進まない展開がありそう。
要因不足のドル買いの行方に注視したいですね。

その他では外交と要人発言機会が数多く
セットされておりますので急に値動きして
くる場面も想定したいですね。

個人的なスイング参戦分ですが7/14現在


110.80ショート
112.50ショート 平均建値111.65

このポジ獲りでおります。
今年は27週が過ぎ27週中15週が投資になっております。



(スポンサーリンク)

欧州時間の米ドルの見通し 週末要因の値動きに注意

今週の見通しの動画簡易版です


ドル円4時間足チャートです。

f:id:westcompany:20180713131651p:plain

このツィートにもあるように良いとこどり
でここまで上昇しているように見えますが・・・。

PPIコンセンサス越え
・CPIコンセンサス割れ

前者の指標のバイアスは弱いのですが
コンセンサス越えでドル買いに。
逆に利上げを織り込めるだけの強いバイアスのある
CPIHAコンセンサス割れでリスクOFFになるかと思いきや
値動き要因には至りませんでした。

このような値動きは定石通りではないと思っておりますし
長続きしないと見ておりますのでこの値動きのリターン
の値動きを狙う戦略を練ろうかと思います。

2018年も後半戦になりますね。レンジ予想のオススメですが


いつものブログではレンジマグへの入会を推奨しておりますが
これがようやく3冠
という形で私の目標を達成することが出来ました。
やはり
・有効なインプットとアウトプットの繰りかえし
・動画コンテンツの更新
・ツィートでのリアルタイムチャート分析
この3つを行うことでレジマグのコンテンツがブラッシュアップ
された結果だと思っております。

趣旨にご賛同頂ける方は是非ご参加くださいね

混迷続く為替相場
その1つの指針となる内容にレジマグは仕上げて
おります。
あなたもレジマグに入会してレンジ予想を中心とした
コンテンツで困難な相場に一緒に挑みませんか?
レジマグの詳細はこちら
になります。
趣旨に賛同頂ける方のご参加を心よりお待ちしております。

今夜のイベントですが

23:00  7月米ミシガン大消費者態度指数・速報値

値動きのバイアスはこの指標では小さいかと
思いますので週末要因の値動きと株価に注視しながら
入れるところを探って行こうかと思っております。


今年は26週が過ぎ26週中15週が投資になっております。



(スポンサーリンク)